ダイレクトメールの利点

ダイレクトメールの業者をどのように選んでいけばいいか考えよう

ダイレクトメール業者の選び方

色見本

とても大事な業者選び

ダイレクトメール代行サービスを選ぶ上でどの業者を選べば良いのかとうのは非常に大事な問題です。現在様々な企業がダイレクトメール代行サービスを利用しています。決め手となるポイントを考えてみましょう。

インターネットサイトを参考にしよう

ダイレクトメール代行サービスの業者は非常に数が多いので、はじめにある程度業者を絞ることが大事になります。業者のホームページをみて、どのようなサービスを行っているかしっかりと比較してみることが大事になります。

まずは見積もりを複数の業者に出してみよう

条件が合いそうなダイレクトメール代行サービス業者を3~4社に絞ったら、次はメールか電話で実際に見積を出してみましょう。メールなどの場合は返信がどれくらい早いかも判断材料として見てみると良いです。大口契約のなどの場合は割引があるかなどもしっかり確認しましょう。

口コミも参考に

実際にその業者を利用した企業の口コミや体験談もみてみましょう。利用した企業の生の声は何よりも参考になります。このときのポイントとして、複数の代行サービス業者の口コミが載っているサイトの方が信頼性が高いです。

企業がダイレクトメール代行サービスを選ぶポイントランキング

no.1

セキュリティー

第一位に選ばれたのはセキュリティーです。ダイレクトメール代行サービスに関しては顧客の個人情報を取り扱うので、個人情報を預ける信頼に足る業者を選ばなくてはいけないと答える企業が多かったです。昨今問題となっているセキュリティーに関しての対策が少ない業者は絶対に避けたいという声がたくさん挙がりました。

no.2

サービス内容

第二位はサービス内容です。企業にとって有益なサービスを取り入れているかという部分を重視するという声が多かったです。ダイレクトメール代行サービスはサービス業者によって内容がかなり異なってきます。しっかりと見極めたいですね。

no.3

価格

第三位は価格です。ダイレクトメールの発送に関してはなるべく価格を抑えたいとい意見が多かったです。大口契約などの場合、1枚あたりの価格が割引になることがあるので、そういった割引のある業者を選ぶのも料金を安くする1つの手です。

no.4

実績

第四位は業者の実績です。ダイレクトメールは売上に関わる大事な広告なので、実際にどれくらいの数の会社の利益を上げるような仕事をしてきたかというのは大切な判断基準ですね。口コミを判断基準にしたという企業もたくさんありました。

no.5

臨機応変さ

第五位は臨機応変さです。ダイレクトメールはある程度臨機応変に発送できなければ効果が低くなってしまうと考える企業が多いようです。どこまで臨機応変に対応できるか相談時に様々なパターンを想定し、それをクリアできるかどうかで決めたという企業もありました。